年末年始も戦略的に!二日酔い対策におススメの食品

遺伝子検査で分かること、変わること

遺伝子検査が身近になってきている今、私たちは何を知っておき、何をすれば良いのか、色々とご紹介していきます!

[PR]ジェネシスヘルスケア

年末年始シーズンも戦略的に!二日酔い対策におススメの食品

年末年始は忘年会や新年会などお食事やお酒を楽しむ時間を多いと思います。
ただその時にお酒を飲み過ぎると、次の日の朝がつらい。。。そんな経験はありませんか?

二日酔いを理由にお酒をやめることは出来ないけれど、頭痛、むかつき、吐き気などの症状は出来る限り避けたいですね。

今日は、二日酔い対策におススメの食品を飲酒前、飲酒中、飲酒後の3段階でご紹介します。

空腹にお酒はNG!

空腹のままお酒を飲むと、アルコールの吸収が早くなります。

アルコールの吸収と分解の負担を少しでも抑える為、席に付く前にまずは水分補給を。

乾杯で1口飲んだら、枝豆やサラダ、冷奴、チーズなどをつまみましょう。空腹の状態よりも負担が減り、酔いが軽減される効果があると言われています。

つまみはとにかく、たんぱく質!!

お酒を飲む時、あなたはいつも何を食べていますか?

ダイエットを理由に何も食べないと言う人もいますが、あまりおススメ出来ません。

二日酔いを防ぐ為には、おつまみの選択も戦略的に行きましょう。

肉、魚、大豆などのたんぱく質は、肝臓でのアルコール分解を助ける効果があると言われています。

焼き鳥、チーズ、お刺身、冷奴、生ハム等、考えてみると定番おつまみは、たんぱく質が多いですね!

逆に、フライドポテトや天ぷら、フライ等の揚げ物ばかり注文する人は要注意です。

たんぱく質が少なく、油を多く摂取すると胃もたれを促進する為、控えたほうが賢明です!

それでも二日酔いになってしまったら・・・・

時には、自分の限界を超えて飲んでしまうこともあるでしょう。

そんな飲み過ぎてしまった翌朝には、フルーツを食べましょう。

フルーツに含まれる果糖とビタミンCは、二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」という有害物質を体外へ排出する効果を持ちます。

二日酔いの時に固形物は無理というあなたは、シジミのお味噌汁がおすすめです。

シジミに含まれるアミノ酸の一種「タウリン」に、肝臓の働きをサポートする効果があるといわれています。

また、アルコールは利尿作用があるため、飲んだ量以上の水分とミネラルが失われますが、これを補ってくれるのが味噌に含まれる豊富なアミノ酸とミネラルです。

お味噌汁が美味しく感じるのは、体にとってもそれだけのメリットがあるからかもしれませんね!

ちなみにアルコールの代謝は、自分が持つ遺伝子によって異なりますが、東洋人はアセトアルデヒドを分解する能力が不十分な為に、悪酔い、二日酔いになりやすいと言われています。

遺伝的にアルコールに強いかどうか、自分の傾向が知りたい方は、「GeneLife Genesis2.0」というジーンライフの遺伝子検査キットでアルコール代謝の強さを調べることもできます。

 

忘年会・新年会シーズン、美味しく、楽しく、戦略的に、清々しい朝を迎えたいですね!

あなたも遺伝子検査でお酒の強さを調べてみませんか?

© 2017 GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved. 運営会社

遺伝子検査はなんで必要なの??

遺伝子検査で分かること、変わること

遺伝子検査が身近になってきている今、私たちは何を知っておき、何をすれば良いのか、色々とご紹介していきます!

[PR]ジェネシスヘルスケア

遺伝子検査はなんで必要なの??

「遺伝子検査」は聞いたことはあるけど、ちゃんと分かっていないかも・・・という方のためにも遺伝子検査が具体的にどのようなものかをまずはご紹介します。

遺伝子検査とは端的に表現すると、将来かかりやすい病気を、
未然に予防するための検査です。

大腸がんや乳がん、心筋梗塞などの疾患リスクと、高血圧や肥満タイプなどの体質を手軽に分析できる検査です。遺伝的なリスクを知り、生活習慣を見直すことで、早い段階から的確な予防を行うことができます。

※遺伝子検査は一生のうちに1度受ければ、再検査の必要はございません。

病気は、遺伝子と生活習慣の影響で、発症が決まると言われています。同じ生活をしていても、個人差が生じるのは「遺伝子」が関係しているからです。

個々の「遺伝子」の違いにより、同じ病気でも発生率が異なるケースがあります。その差は、年数を重ねるにつれて大きな差となって現れてきます。

このようなことが、生活習慣の改善に注目が集まる理由に

生活習慣の改善をするために、自宅でできる遺伝子検査も注目され始めています。

業界最高水準の技術力で、世界最多360項目の遺伝子を解析。それがジーンライフの遺伝子検査キット。

検査はかんたん!

インターネットで注文し、自宅で唾液を採取して郵送で返送するだけ。

その後は、検査結果を待つだけ。

検査結果はパソコンやスマートフォンで確認できます。

 

生活が少し変わるだけでも習慣化できればOK

「 生活習慣の改善に役立った 」(41歳 女性)

病気のリスクが分かることで、生活習慣の改善に役立ちました。やはり、誰でもガンや生活習慣病には気をつけたいと思うけれど、なかなかできないですよね。遺伝子検査結果を見て、ポイントを絞れたことが、改善できた理由です。

 

「 健康診断結果を意識するように 」(38歳 女性)

まず、検査がとても簡単なことが驚きでした。よく「親の遺伝」と聞くような性格や能力のことだけでなく、体質や疾患のことも分かるので、健康診断で引っかかったことのない項目も意識するようになりました。

 

一生に一度の検査が遺伝子検査。早めに受けて自分の身体的特徴が分かれば、生活習慣の改善も早くから手を打てます。

今なら、国内販売シェアNo.1の遺伝子検査キットが67%OFF

© 2017 GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved. 運営会社

遺伝子検査とは??

遺伝子検査で分かること、変わること

遺伝子検査が身近になってきている今、私たちは何を知っておき、何をすれば良いのか、色々とご紹介していきます!

[PR]ジェネシスヘルスケア

遺伝子検査とは?

遺伝子検査には、大きく分けて3種類があります。

 

1つは「個体識別のための遺伝子検査」です。

遺伝子の情報をバーコードのような識別番号として利用します。このような検査には、犯罪捜査で用いられている遺伝子検査や、親子鑑定のための遺伝子検査などがあります。

また、ある食品の中に遺伝子組み換え食品が混入していないかどうかを調べたり、有名ブランド米の中に別の品種のお米が混じっていないかどうかを調べたりするのにも利用されています。
個体識別のための遺伝子検査の結果は、ニュースなどでも取り上げられることも多く、みなさまの身近で非常に幅広く活用されています。

 

遺伝子の異常を調べる検査も

2つめは、医療機関などで行う「遺伝子の異常を調べる遺伝子検査」です。

生まれつき持っている遺伝子に何らかの異常がある場合、先天性疾患を発症したり、ある種のがんになりやすくなったりします。

このような遺伝子の異常があるかどうかを調べる検査です。

アンジェリーナ・ジョリーさんが自身の乳がんのリスクを知るために受けた遺伝子検査は、このタイプの遺伝子検査になります。

最後は「遺伝子の個人差を調べる遺伝子検査」です。

遺伝子には病気ではないものの、異なる部位があり、この違いが体質や特徴といった人の個人差を生み出しています。

この遺伝子の個人差を知ることで、将来かかりやすい疾患や生まれ持った体質、祖先などを調べる検査が、「遺伝子の個人差を調べる遺伝子検査」です。

このような遺伝子検査は、自宅でできる遺伝子検査サービスとして民間企業から提供されています。

 

では、これらの中で民間企業が販売している個人向けの遺伝子検査サービスとはどのようなものか? 何がわかるものなのかをもう少し具体的にご紹介していきます。

 

遺伝子検査キットでわかること

例えば、

・何を食べると太りやすいのか?

・将来、どのような病気にかかるリスクがあるのか?

・自分の性格は生まれ持ったものなのか?

このようなことが遺伝子検査でわかります。

よくテレビや雑誌で取り上げられるものとして、肥満タイプを調べる遺伝子検査があります。

これは、ただ単純に太りやすいのか、痩せ型なのかという体質だけではなく、何を食べると太りやすいかなどもあわせて判定してくれます。

そのような自身の遺伝的な傾向を知ることによって、普段の食生活を見直すきっかけになったり、ダイエットのために無理な食事制限や激しい運動をしなくても済むようになったりするかもしれません。

また、どのようなダイエット法が自分の体質に合っているかを判断するきっかけにもなるでしょう。

 

他にも、将来かかり得る疾患の発症リスクや身体の特徴を調べることができます。

将来自分がどのような病気になるのかは多くの方が気になるのではないでしょうか。

病気にかかる要因には、生活習慣による環境要因や遺伝要因がありますが、その要因の1つである遺伝要要因を調べることによって、発症リスクの高い疾患を知り、生活習慣の見直しをするきっかけになります。

 

遺伝子は一生変わる事のないものです。

だからこそ、早めに遺伝子検査を受けて将来起こり得る疾患リスクを減らしたり、体質にあった食生活などを見直したりすることができるのです。

GeneLifeでは、世界最大級の361項目を一度に解析することができる遺伝子検査キットがあります。Webやスマートフォンで手軽に自分の“身体のこと”を知り、すぐに生活習慣を見直すことができます。

 

遺伝子検査を受けることに早いなんてことはありません。受ける“チャンス”を見つけたときが受けるべき時なんです。

今なら、国内販売シェアNo.1の遺伝子検査キットが67%OFF

© 2017 GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved. 運営会社

ビール好きは必見!遺伝子検査でわかるビールと上手な付き合い方

遺伝子検査で分かること、変わること

遺伝子検査が身近になってきている今、私たちは何を知っておき、何をすれば良いのか、色々とご紹介していきます!

[PR]ジェネシスヘルスケア

体質を知って、お酒と上手に付き合うコツ

ビール好きな方にとっては、日々の疲れを癒すにはビールは欠かせませんよね!

でもビールは太るってわかっていても飲み過ぎちゃう。。。

しかし、ビールを飲んでいる人でもあまり太っていない人って周りにいませんか?なぜでしょう。

それは、遺伝子が関係していることが考えられています。

肥満に関する遺伝子は現在約100種類

ヒトには約2万個の遺伝子が体の中にあります。そのうち約100種類が肥満に関係する遺伝子と言われています。

更に、そのうち3種類(β3AR遺伝子、USP1遺伝子、β2AR遺伝子)のいずれかの遺伝子に変異がある場合、それぞれ「りんご型」、「洋なし型」、「バナナ型」という肥満タイプに分けられます。

※「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」はジェネシスヘルスケア株式会社の商標登録です。

日本人の健常者の約96%が、これら3種類のいずれかの遺伝子に変異があると言われています。

「ビール=糖質の多いお酒」の代謝が苦手なタイプは?

では、ビールに多く含まれている糖質の代謝が苦手なタイプは何かと言うと、「りんご型」です。

「りんご型」は、日本人の約21.8%とされています。

「りんご型」は、糖質の代謝が苦手なタイプで、血糖値が高くなり糖尿病や脂質異常症、脂肪肝などの発症率が高いと考えられます。

「りんご型」の特徴

「りんご型」は、糖質を筋肉にとり込むインスリンのはたらきが弱いため、余った糖は内臓脂肪として蓄積されやすく、ウエスト周りから太る傾向があります。

さらに、ダイエットすれば効果は出やすいが、リバウンドもしやすい、という特徴もあります。

ダイエットに成功した後は、その生活習慣を維持する意識が必要です。

「りんご型」のダイエットのポイントは?

お酒は、糖質の多いビールやカクテル、日本酒、梅酒などを控えめにして、糖質の少ない焼酎やウイスキー、ブランデーなどを飲むように心がけましょう。

おつまみも糖質の多いじゃがいもやご飯、麺類などは控えめにして、ごぼうサラダや葉物のサラダ、きのこ類などがおススメです。

それでもやっぱりビールを飲みたい!

もちろん、ビールは絶対ダメ!と言っている訳ではありません。仕事帰りに「とりあえず、ビール!」と注文したくなることもありますよね。

あくまでも控えめにできるかどうかが大切です。1杯目はビール、2杯目からはハイボールやブランデーなどを飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

 

このように、自分の体質を遺伝子レベルで知ることによって、日々の暮らしの中のちょっとした心がけができるようになります。

それが効率的なダイエットに繋がっていくのです。

あなたも遺伝子検査でからだにあったダイエットをしてみませんか?

あなたも遺伝子で肥満タイプをチェック!

© 2017 GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved. 運営会社