カラダのはてな

管理栄養士によるヘルスアップに関連する情報をまとめていきます。... 続きを読む

カラダのはてな

適度な運動

適度な運動

免疫細胞は血液やリンパ液の中に存在して全身を巡り、ウイルスや細菌などから体を守っています。適度な運動により免疫細胞や免疫能を担うIgAといった抗体、サイトカインが増えるため、運動することが大切です。... 続きを読む

カラダのはてな

免疫力アップには十分な睡眠を

免疫力アップには十分な睡眠を

睡眠が十分でないと免疫にかかわる体の機能が妨げられ、ウイルスに感染しやすくなるといわれています。2015年に発表されたカリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究報告によると、アメリカの18~55歳までの健康な男女164人を対象にした調査で、「睡眠時間が短い人ほど風邪を引きやすい」ということがわかりました。睡眠時間が7時間以上の場合は風邪を引く人が少なく、6時間以下になると風邪を引く人が増え、睡眠不足になるとウイルスの感染率が高まるという結果に。※1... 続きを読む

カラダのはてな

コロナウイルスとは?

コロナウイルスとは?

人に感染するコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は現在7種類判明しています。コロナウイルスと聞くと何やら得体の知れないものと思うかもしれませんが、コロナウイルスのうち4種類(HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1)は日常的にかかる「風邪」の原因となるもので、風邪の10~15%(流行期は35%)を占めています。2種類は動物から感染する重症肺炎ウイルスです。... 続きを読む

カラダのはてな

情報に惑わされないコロナ対策を②

情報に惑わされないコロナ対策を

新型コロナウイルスをめぐって、WHOよりパンデミック(世界的な流行)が加速しているとの認識が示されてから、国内では感染経路不明者が増加している地域が散発的に発生したり、一部地域では感染拡大が続いたりしてます。今後感染源がわからない患者数が継続的に増加し、全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として爆発的な感染拡大を伴う大規模な流行につながりかねない状況にある、と厚労省は示しています。さらに、世界的に患者数と死亡者数の急激な増加が見られ、国内で発見される輸入症例も増加しています。※1  ... 続きを読む

カラダのはてな

湿度を保とう

湿度を保とう

風邪やインフルエンザをはじめ、一般にウイルスは低温乾燥状態を好み、気温15-20℃で湿度が50%になるとウイルスの生存率は激減するといわれています。そのため湿度が高ければ水分が空気中のウイルスや埃にくっついて下に落ち、ウイルスの活動力が弱まります。... 続きを読む

カラダのはてな

免疫についてどのくらい知っていますか?

「免疫とは?」

私たち人間の体には、常に体温や血圧、血糖といった体内環境を一定に保とうとする働きが備わっています。「免疫」はその働きの一つで、体内に侵入したウイルスや細菌などの異物を取り除こうとする機能です。... 続きを読む

カラダのはてな

第3回NK細胞の活性に影響を与える栄養成分

免疫能に影響する食事と栄養成分ついて

 これまで「バランスのよい食事」や適正なBMIについてご説明してきました。くり返しになりますが、免疫能を正常に作動させるには必須栄養素やエネルギー収支バランスが重要です。その基本を踏まえた上で、侵入した異物に直ぐに反応する自然免疫、その中心を担うNK細胞の活性に影響を与える栄養成分をご説明いたします。... 続きを読む

カラダのはてな

第2回食事量の正解を測るには

免疫能に影響する食事と栄養成分ついて

前回「バランスのよい食事」についてご説明しましたが、その摂取量が正しいかを評価する物差し、BMI(Body Mass Index)について今回はご説明いたします。運動不足や過栄養、低栄養によりBMIが適正範囲を外れてしまうと免疫能に影響を及ぼすため、BMIを正しく理解しましょう。... 続きを読む

カラダのはてな

第1回バランスのよい食事とは

免疫能に影響する食事と栄養成分ついて

免疫能に影響を与える食事ということで「バランスのよい食事」の重要性を前回お伝えしました。今回はこの「バランスのよい食事」について具体的にご説明いたします。... 続きを読む

カラダのはてな

バランスのよい食事とは

免疫能に影響する食事と栄養成分について

コロナウイルスとの闘いが長期化することが想定される中、感染防止の新しい生活様式が定着してきました。マスクの着用、手洗い、消毒の励行。ただ、日々の生活習慣はどうでしょう。3~4月と、感染の第一波が来ていた時期は「免疫強化に効果がある」と謳われた食品がスーパーの棚から消えることもありましたが、昨今は少し他人事になっているように感じられます。... 続きを読む