GeneLife PLUS

コロナキット周辺情報

自分も家族も友人も。ウィズコロナ時代をともに健やかに

新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、これまでに経験したことのない非常事態。いまだ感染拡大は続き、7月末、東京都では家庭内感染が増加傾向になりました。

一番身近に接する家族とも感染対策をしながらの生活。お互いが安心して触れあい、生活できることがとても貴重だったと思い知らされます。

家庭での感染リスクを心配することなく、当たり前の社会生活が送れるように。必要な人が必要なときに、いつでも、安心して受けられる「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」をお届けします。

恐れ過ぎず、予防を心がけてこれからのウィズコロナ時代を、悠々と生き抜いていきましょう。

新型コロナウイルス唾液PCR検査キットCOVID-19 PCR 
医師のオンラインカウンセリング付き

仕事や学校、子育て、介護など生活するうえでPCR検査が必要な方、ご希望の方に自宅でスムーズにお受けいただける検査キットをご用意しました。

日本全国どこでも、誰でも、いつでも。

\ 自宅でできるから安心! /
☆キット購入はネットで
☆検査試料は自宅で唾液をとるだけ
☆ウイルスを不活化する採取具だから安全
☆検査試料は郵送で返送
☆検体到着から1-3営業日で結果でがわかる
☆医療法人社団創世会を通じた医師のオンラインカウンセリング付き
☆診療情報提供書(診断書)を作成
☆指定感染症医療機関への連携・紹介
☆陰性証明書の発行(別途有料)
☆1キット 14,900円(税込)

医療や介護などに関わる施設および従事者の方々の一助に
風邪のような症状のある人の中には、新型コロナウイルスに感染した人がいる可能性があります。そのような人が医療機関に行った場合、施設内で感染が広がることが心配されます。PCR検査をご希望の方が自宅で検査を受けることで、医療や福祉施設が機能するよう、医療従事者や患者さんを感染のリスクから守る一助になればと考えています。

これからのウィズコロナライフをサポート
【安心して生活するために】

新型コロナウイルス感染症は、感染しても症状のない人もいます。また、無症状の感染者からもうつる可能性があるといわれています。症状があれば感染を疑いもしますが、無症状の場合はそれもできません。そのため、無症状だからこそ「自分は感染しているのではないか」「もし感染していたら、人にうつしてしまうのではないか」と不安になる方も多いと思います。必要なときに検査を受けられることで、少しでも不安が解消され、安心して暮らせる日々を応援します。

\こんなときに/
・高齢の家族に会うために

・子育て中
・持病があるので感染が心配
・風邪っぽいとき、熱はないけれど検査をしたい

【PCR検査の安全な採取方法】
新型コロナウイルス感染症でのPCR検査は、主に鼻腔に採取棒を入れる方法が用いられていましたが、当社では不活化・安定化溶液を使った3種の採取キットをご用意しています。

●鼻咽頭スワブの採取キット
鼻咽頭の採取棒を使って検体を採取する方法
本邦医療機器登録手続中(届出番号:13B3X10143000011)

●口腔スワブの採取キット
口腔スワブを利用して検体を採取する方法

本邦医療機器登録(届出番号:13B3X10143000010)

●唾液による採取キット
唾液検体を容器に採取する方法
(医療機器登録のための新たな分類が創設された際には、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)への登録を検討)

新型コロナウイルスPCR検査に唾液採取を採用したのは、検体を採取するときの感染リスクを避けるためです。鼻咽頭での場合、採取するときに咳やくしゃみが出て飛沫が飛ぶ危険性がありますが、唾液を容器に入れるだけなので安全です。

※当社は、SARS-CoV-2(COVID-19)検査用の医療機器製造販売業者です。

【陰性証明書をご存知ですか?】
新型コロナウイルス感染症のパンデミックが加速する中、各国で渡航制限が実施され、渡航条件として入国者にPCR検査の陰性を証明する「陰性証明書」の提出を求める国が多くなっています。また、仕事や看護などをするうえで陰性証明書が必要とお考えの方などに対応できるよう、当社でも新型コロナウイルス唾液PCR検査キットでの検査後、希望される方には陰性証明書(別途有料)を発行いたします。

\こんなときに/
☆海外出張や留学、海外在住など海外渡航をする場合

☆業務にあたり陰性証明書があったほうがよいとお考えの企業の方
☆高齢者や基礎疾患がある人と接する必要のある方
☆新型コロナウイルス感染症に感染していないことを証明する必要がある場合
【参考資料】
※外務省 海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

【身近なクラスターに気をつけよう】
新型コロナウイルスには、特定の人から多くの人に感染するクラスター(集団感染)が発生し、感染が拡大するという特徴があります。厚生労働省は密閉空間、密集場所、密接場面の3密を避けることで感染拡大を防止するよう注意喚起を行っています。あなたの生活の中でクラスターになりそうなところは意識的に避け、人が多く集まりやすい場所に行く場合は、手洗いやマスクの着用などセルフケアをしっかり行いましょう。

\クラスターが発生しやすい場所/
〇職場

〇飲食店
〇カラオケ店、ライブハウス、劇場などのレクリエーション施設
〇病院など医療・福祉施設
〇学校など教育施設
〇ジムなどのスポーツ施設

【参考資料】
※「全国クラスターマップ」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618504.pdf

【新型コロナ第2波に備えて】
緊急事態宣言が5月に解除されたものの、新型コロナウイルスの感染者数は減るどころか、心配されていた秋冬の時期を前に続けています。そのような中、第1波の経験を踏まえ、各都道府県では独自の新型コロナ対策の条例が制定され、それぞれの状況に応じた感染防止に努めています。
秋以降は風邪やインフルエンザの流行シーズンも重なるので、第2波以降に備え、手洗いや3密を避けるなどの基本はもちろんのこと、予防について再確認をしておきましょう。

<予防の基本>
〇手洗い

〇マスクの着用
〇密閉空間、密集場所、密接場面の「3密」を避ける

<日常生活で気をつけたいこと>
〇買い物
・通販の利用

・買い物はすいている時間に少人数または一人で
・電子決済の利用

・商品をむやみに触らない
・お惣菜やパンは個包装されたものを選ぶ
・アルコール消毒液が設置されていれば、店に入るときと出るときに手指を消毒
・購入品のパッケージが心配な場合は、中身を保存容器などに詰め替えて外箱や袋は捨てる

〇食事
・自宅でも大皿料理は避け、小分けに

・とりわけ用のトングやスプーンなどは使わない
・飲み物の回し飲みは避ける
・対面で座らない
・会話は控えめに

〇公共交通機関で
・マスクを着用

・つり革などに触らない
・人との間隔をあける
・会話は控えめに
・混雑する時間を避ける

〇レジャー&イベント
・3密になるところは避ける

・接触確認アプリを利用
・風邪っぽい症状があるときは参加しない

【参考資料】
※「新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~」首相官邸https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

※「新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました」厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html


【新型コロナと基礎疾患】
新型コロナウイルス感染症は、感染しても軽症や無症状の方がいる一方で、悪化しやすくなる場合もあります。 新型コロナウイルスは新しい感染症であるため、まだ明らかになっていない点も多くありますが、高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患など基礎疾患のある方は重症化するリスクが高いといわれています。感染や重症化を防ぐために、基礎疾患がある方は健康状態の管理をしっかり行い、感染対策を徹底していくことが重要です。

【参考資料】
※「新型コロナウイルス感染症への対応について(高齢者の皆さまへ)」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/yobou/index_00013.html

※「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

人気の検査キット・特集

特に人気注目が高い検査キットや特集をピックアップしました。



新型コロナウイルス唾液PCR検査キット COVID-19 PCR 医師のオンラインカウンセリング付き


 


人気No.1の遺伝子検査キット Genesis2.0


 


自己分析遺伝子検査キット Myself2.0


 

検査キット一覧はこちら