GeneLife PLUS

あなたの筋肉はどんなタイプ?

あなたの筋肉はどんなタイプ?
スポーツ関連遺伝子検査

どんなスポーツが向いてる?どんなトレーニングがいい?

「GeneLifeスポーツ関連遺伝子検査」ではACTN3遺伝子を解析、速筋や遅筋の発達しやすさについて遺伝的な傾向を調べることができます。 検査結果はACTN3遺伝子の遺伝子型に応じて、「速筋タイプ」「遅筋タイプ」「バランスタイプ」の3タイプ。速筋の割合が多い「速筋タイプ」は瞬発力とパワーが必要な短距離走や柔道などのスポーツ、遅筋の割合が多い「遅筋タイプ」は持久力を必要とするマラソンや水泳などの長距離種目に向いています。 速筋と遅筋のバランスがとれた「バランスタイプ」は瞬発力と持久力のバランスがとれており、中距離種目や球技種目などに向いているといえます。

筋肉の特性を生かして可能性を広げよう!

スポーツ関連遺伝子検査で筋肉のタイプがわかれば、自分にあったスポーツや各競技のポジションを選んだり、適切なトレーニング方法を考えたりする際の助けになります。「筋肉の特性にあったトレーニングをしたい」「運動を始めたいけれど、どんなスポーツが向いているのかわからない」など、スポーツのパフォーマンスをあげたい方はもちろん、これから運動を始めたい方にもおすすめです。 たとえば速筋タイプだからマラソンは向かないということではなく、速筋タイプなら筋肉をどう鍛えればよいかを考えるなど、筋肉のタイプを生かした効率的なトレーニングが可能になり、パフォーマンスアップが望めるでしょう。 遺伝的な筋肉の特性にあった運動を行うことは、運動能力の向上や健康維持、ケガの防止に役立ちます。また子どもの体力や運動能力が、年々低下しているといわれています。生活環境が変化し、外で遊ばなくなったことも要因のひとつ。子どもの健やかな成長にも運動は大切です。 スポーツ関連遺伝子検査は、自分の可能性を広げるもの。スポーツのパフォーマンスをあげるためだけでなく、運動を始めるきっかけとしてご活用いただき、生活の中で運動することの楽しさや喜びをぜひ味わってください。

速筋と遅筋、筋肉は2種類

筋肉は主に筋繊維で構成されており、大きく分けて「速筋繊維」と「遅筋繊維」の2種類があります。 速筋はすばやく収縮して瞬発的に大きな力を出すことができる筋肉、その色から白筋とも呼ばれます。一方、遅筋はゆっくり収縮します。大きな力は出せませんが持久力のある筋肉で、こちらは赤筋と呼ばれます。

速筋繊維にのみ存在するαアクチニン3タンパク質

速筋繊維と遅筋繊維の割合のことを筋繊維組成といいます。速筋と遅筋の割合は人それぞれで、遺伝子タイプ(多型)によって決まります。 速筋繊維だけに存在するαアクチニン3タンパク質を合成するACTN3遺伝子の遺伝子型(RR型、RX型、XX型)を調べると、速筋と遅筋のどちらが発達しやすいかがわかります。RR型は速筋が発達しやすいパワータイプ、XX型は遅筋が発達しやすい持久力タイプで、RX型は速筋と遅筋がバランスよく発達しやすいバランスタイプです。

GeneLife SPORTS スポーツ関連遺伝子検査

こんな方におすすめ

☑これから運動を始めたい。
☑スポーツのパフォーマンスを上げたい。
☑自分に向いている競技のポジションが知りたい。
☑筋肉のタイプにあった効率的なトレーニングをしたい。

検査結果は、PCやスマホで見るという方

WEB/アプリ版 3,980円(税抜)


検査結果を手元に保管したいという方に
紙報告書・WEB/アプリ版 5, 980円(税抜)

人気の検査キット・特集

特に人気注目が高い検査キットや特集をピックアップしました。



新型コロナウイルス唾液PCR検査キット COVID-19 PCR 医師のオンラインカウンセリング付き


 


人気No.1の遺伝子検査キット Genesis2.0


 


自己分析遺伝子検査キット Myself2.0


 

検査キット一覧はこちら