【遺伝子検査体験談】 谷口さん(48歳女性)の場合は・・・

【遺伝子検査体験談】谷口さん(48歳女性)

48歳女性、旦那さんと二人暮らし。体験者の谷口さん(仮名)。
普段は専業主婦として家事をこなし、健康や美容に関しては常日頃意識して取り組んでいるそうです。
今回、Genesis2.0を利用して遺伝子検査を受けたきっかけやその後をお伺いしました。

早速ですが、どうして遺伝子検査を受けようと思ったんですか?

私には双子の姉がいるんですが、最近姉が難病になってしまったんです。それで、遺伝子的には私はどうなのかと思って受けようと思いました。

それは大変でしたね。たしかに双子のお姉さんとなるとご自身も遺伝子的にどうなのか気になるところですね。

私自身も過去に髄膜炎や心的外傷後ストレス障害を患ったことがあるので、この機会に遺伝的傾向を知りたいと思いました。

そうだったんですね。結果はいかがでしたか?

はい、過去に患った髄膜炎や心的外傷後ストレス障害の傾向が高いと出たので当たっているなと感じました。

なるほど、他には気になる検査項目はありましたか?

いくつかがんリスクが高いものがあったので、それは気になりました。なのでこの機会に今の健康状況を知りたいと思い医療機関を受診しました。

医療機関では何か言われましたか?

結果的には問題はなかったのですが、胸のレントゲンや心電図をしました。自分の身体の状態を診てもらおうなんて最近はなかったので、スッキリしました。どうしても日々の家事でバタバタしてしまうので。

気になることが解消できたことはよかったです!
ちなみに普段から健康に対してなにか意識されていることはありますか?

健康や美容に関してはかなり意識している方ではあると思います。

たとえばどんなことを意識されているんですか?

まず毎朝グリーンスムージーを作って飲むのと水分をこまめめにとっています。できるだけ毎日2~3リットルは飲むようにしています。

毎日2~3リットルはすごいですね!
私も一時期水分をこまめにとろうとしていましたが、なかなか簡単ではなかったです…。

私もはじめは大変でした…。あとは移動はできるだけ歩くようにしたり、姿勢や深呼吸を意識しています。

本当に色々意識されているんですね。
引き続き健康と美容を意識した生活を継続されてください。
ありがとうございました。

あなたの遺伝的な疾患リスクや体質傾向を調べませんか?

◎生活習慣病や各種がんなど疾患リスクから、感染症やアレルギー、ダイエット関連・肌質美容関連の体質、祖先のルーツまで世界最大級約360項目の遺伝的傾向をまとめて解析します。

多因子疾患(生活習慣など環境要因と遺伝的要因が合わさって発症する疾患)リスク傾向が分かるため、生活習慣を見直すことで予防・改善が見込めます。

感染症やアレルギー体質など、身近な遺伝的リスク傾向なども含まれる遺伝子検査ベストセラー最新版です。