ゲノム100周年記念Genesis2.0期間限定キャンペーン

ゲノム100周年記念なくなり次第終了。
遺伝子検査ベストセラー最新版を記念価格でご提供。

ジーンライフ遺伝子検査ベストセラー最新版!
◎多因子疾患(生活習慣など環境要因と遺伝的要因が合わさって発症する疾患)リスク傾向が分かるため、生活習慣を見直すことで予防・改善が見込めます。
◎他の遺伝子検査(Diet / Skin / Sports / Haplo)結果が含まれ、生活習慣病や各種がんなど疾患リスクから、感染症やアレルギー、ダイエット関連・肌質美容関連の体質、祖先のルーツまで世界最大級約360項目の遺伝的傾向をまとめて解析します。

感染症(ノロウイルス感染など他)アレルギー(スギ花粉症など他)体質など、身近な遺伝的リスク傾向なども含まれる人気No.1遺伝子検査です。

ゲノム100周年ヒストリーと主な出来事。

1920年、ドイツの植物学者ハンス・ヴィンクラーが遺伝子(gene)と染色体(chromosome)を合わせて、ゲノム(genome)という造語を創造。
ここに、「ゲノム」という言葉が生まれました。

それから100年。
ゲノム研究の目覚ましい進展の中で、遺伝子検査のジーンライフはスタートして、誰でもできる遺伝子検査サービスを目指してきました。

知ることで、行動を変える。
我が子への強い愛情から生まれた遺伝子検査

遺伝子検査のジーンライフの始まりには、切実な思いがありました。
創業者夫婦の子どもが1歳のとき、発達障害の診断を受けたのです。いったい、どうするのが一番いいのか・・・。悩んだ末にたどり着いた結論が、「遺伝が考えられるのなら、まず親子3人の遺伝子を解析しよう」ということでした。

行動療法を早いうちから取り入れた子育てをしながら、遺伝子の研究と解析を開始。性格傾向や呼吸循環器、免疫や感染症・アレルギー、体形や体質、筋肉や肌、など様々な遺伝的傾向が見えてきました。
子どもは、自分に合った食事や運動や習慣を考える姿勢を身につけ、何にでも挑戦する充実した生活を送っており、身長はすでに母親を超えました。

この経験を通じて2人は遺伝子検査の必要性を確信。
遺伝的傾向を参考に、日常生活を少し変える。負担にならずできることを考えライフスタイルを変える。
そのために様々な遺伝子検査キットを提供して10年以上、今では累積解析実績80万人(2020年1月自社調べ)以上の方にご利用いただいています。

知ることで、行動を変える。
遺伝子検査ベストセラー最新版をあなたにも。

ジーンライフ遺伝子検査ベストセラー最新版!
◎多因子疾患(生活習慣など環境要因と遺伝的要因が合わさって発症する疾患)リスク傾向が分かるため、生活習慣を見直すことで予防・改善が見込めます。
◎他の遺伝子検査(Diet / Skin / Sports / Haplo)結果が含まれ、生活習慣病や各種がんなど疾患リスクから、感染症やアレルギー、ダイエット関連・肌質美容関連の体質、祖先のルーツまで世界最大級約360項目の遺伝的傾向をまとめて解析します。

感染症(ノロウイルス感染など他)アレルギー(スギ花粉症など他)体質など、身近な遺伝的リスク傾向なども含まれる人気No.1遺伝子検査です。