マスク肌荒れのお悩みが急増中!

ニキビや乾燥……、あなたは大丈夫?
マスク肌荒れのお悩みが急増中!

すっかり日常になったマスク生活ですが、長期間、マスクを着用することで肌荒れに悩む人が増えているようです。
これまで肌トラブルのなかった人が肌荒れをしたり、あるいはいつもとは違う肌悩みが起こったりと「なぜ?」と首をかしげてしまう方も多いのでは?
これからも続くマスクライフを少しでも快適にするために、マスクとの付き合い方やスキンケアを見直してみませんか。

【摩擦が引き起こす肌トラブル】

肌にとってもっとも避けたいことが摩擦です。肌表面には角質層があり、水分の蒸発を防いだり、紫外線や乾燥から肌を守ったりするバリア機能と呼ばれるはたらきがあります。ところが摩擦によって角質層がダメージを受けるとバリア機能が低下、ニキビ、色素沈着やくすみ、ゴワつき、乾燥など肌トラブルを引き起こす要因に。 つまりマスクをつけているだけで、肌は摩擦による刺激を受け続けているということ! マスクをしている部分が肌荒れをしている場合は、マスクによる摩擦が原因で肌が弱っていると考えられます。また、マスクを上げたり下げたりするときも摩擦が生じます。マスクをズラすときは肌をこすらないように気をつけましょう。

【マスクによる蒸れ】

マスク内の呼気や汗による蒸れが、もう一つのマスク肌荒れの要因。蒸れると雑菌が繁殖しやすい状態になります。マスクをつけるようになって口まわりやアゴなどにニキビや吹き出物ができた場合は、マスクによる蒸れの可能性が高いといえます。 またマスクをつけていると湿度でうるおっているように感じますが、実はそうではありません。マスクを外すとマスク内の水蒸気が蒸発、そのとき角質層の水分も一緒に持っていかれるため、肌は乾燥します。

【自分にあったマスクを】

使い捨てマスクに使用されている不織布の原材料は、ポリプロピレンという石油由来のプラスチック。化学繊維のため、素材が肌にあわない方もいらっしゃると思います。 不織布マスクは蒸れやすいために、雑菌が繁殖しやすく乾燥しがちですが、使い捨てという衛生面や感染予防という点ではやはり不織布が安心です。水蒸気による蒸れや肌への刺激を防ぐには、ガーゼなど薄い布をはさんだり、状況に応じて布製のマスクと併用するなどの工夫を。  
マスクのサイズも大事です。サイズが小さいときつくてこすれ、肌を刺激してしまいます。自分にあったサイズのマスクを使用するようにしましょう。

【肌を健やかに保つスキンケア】

スキンケアのポイントは肌に刺激を与えず、うるおいを保ってバリア機能を整えること。マスク肌荒れでデリケートになった肌には、刺激の少ない基礎化粧品がおすすめです。

〇クレンジング&洗顔

クレンジングや洗顔はゴシゴシこすらず、やさしくていねいに。シャワーの水圧も刺激になるので、肌荒れを起こしているときは手の平にお湯をためて、洗い流してください。このときのお湯はぬるま湯で。温度が高すぎると、皮脂を取り過ぎて乾燥を招くことになります。

〇タオル

ゴワゴワしたタオルは、摩擦の原因になります。洗顔後はやわらかいタオルを肌にあてて、水分をタオルに吸い取らせるようにしましょう。

〇保湿ケア

化粧水や乳液などで、しっかり保湿ケアを。ケアするときはコットンなどでパッティングするよりも、手で押さえてなじませるハンドプレスが肌を傷めません。

〇UVケア

肌荒れをしていると、紫外線のダメージを受けやすくなります。紫外線はマスクを通して肌に届くので、UVケアは顔全体に。UVカット効果のある基礎化粧品もあるので、肌状態に応じて上手に利用し、紫外線から肌を守りましょう。