遺伝子型ダイエットとは – 遺伝子検査のジーンライフ<GeneLife>

体質が違うと太り方や効果的なダイエット方法も違ってきます。 ではその体質の違いはどこから?

そんな疑問を遺伝子から解き明かすのが、Genelife(ジーンライフ)遺伝子型ダイエット。 自分の遺伝子型を知ることがダイエットの近道なのです。

脂肪燃焼効率が悪く、消費されない脂肪が蓄積されて皮下脂肪となりがち。
体温も低く、冷え症なことも多いタイプ。
脂肪を上手に利用できない体が脂肪不足と勘違いするため油っこい物が好きな傾向あり。

糖分の分解に関わるインスリンの分泌機能が低下しやすいため、血糖値が上がりやすく、余った血糖が内臓脂肪になってしまいがち。
炭水化物や甘いものの摂りすぎに要注意です。

たんぱく質をエネルギーとしてすばやく消費してしまいたんぱく質不足になりやすく、筋肉がつきにくいタイプ。
もともとスレンダーな人が多いが、30代以降、代謝機能の低下などから太り始める人も。

copyright © GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved.