遺伝子講座 – 遺伝子検査のジーンライフ<GeneLife>

同じカロリーを摂取しても体重に差ができるのは「体質の差」=「個人の持つ遺伝子の差」によるもの。

肥満は、太りやすい遺伝子を持つ人が、食べ過ぎや運動不足になりやすい環境で生活することで起こります。 つまり、人の肥満は「遺伝」と「環境」の両方に関連しています。 しかし、遺伝子の持つ性質により同じカロリーを摂っても、「太る・太らない」という個人差が出てきます。

では、肥満遺伝子とは、一体どのようなものなのでしょうか。

現在50種類以上の「肥満遺伝子」が発見されています。中でも日本人に変異が多いのが、糖質の代謝が苦手なβ3AR遺伝子、脂質の代謝が苦手なUCP1遺伝子、筋肉を作りにくい傾向にあるβ2AR遺伝子の3種類で、約97%の人が変異を持っているという統計結果があります。

これらの遺伝子の変異を調べることで、どの原因で太りやすいかなどを知ることができます。 遺伝子型ダイエットでは、これら3つを体型のイメージに合わせてそれぞれ「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」とネーミングしています。

生物の体をつくり、生命を維持するため働いているたんぱく質をつくるための情報が「遺伝子」です。 ヒトを含むすべての生物が持っていて、ヒトには約2万6000個もの遺伝子があると考えられています。遺伝子は、親から子へと受け継がれます。親子が似ているのはこのためなのです。

遺伝子の実体はDNA(デオキシリボ核酸)という物質で、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)と呼ばれる4種類の分子が決まった順番につながって出来ています。この4種類の分子の並び方こそが遺伝子の持つ情報なのです。

copyright © GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved.