【遺伝子検査体験談】岡本さん(34歳女性)の場合は・・・

【遺伝子検査体験談】岡本さん(34歳女性)

今回の体験者は34歳女性、カフェ店員をされている岡本さん(仮名)です。
早速Myself2.0を利用して遺伝子検査を受けたきっかけやその後をお伺いしました。

どうして遺伝子検査を受けようと思ったんですか?

以前から科学的に自分を見てみたいと思っていました。

それはどうしてですか?

朝が苦手で、なかなか起きられないのは体調のせいではなく怠け癖があるからだと思ったからです。

私も朝はかなり苦手です…。それで自分自身を知るためにMyself2.0を受けようと思われたんですね。

はい。あと時間通りに行動することも苦手で。毎回家を出なくちゃいけないぎりぎりまで準備をしていて慌てて家を出ることが多いので、自分の本質が知りたくなったんです。

私も時間通りに行動するのは苦手な方だと思います。
もちろん遅れてはいけない予定はちゃんと時間を守りますが、友達との約束にはたいてい遅れてしまいます…(笑)

私もそんな感じです(笑)
時間を逆算して準備をしていても時間に余裕があるとついついほかのこともやりだしてしまって結局ぎりぎりになってしまうんです。

時間にルーズという部分は似ているかもしれませんね(笑)
結果はいかがでしたか?

遺伝的に夜型傾向だということがわかりました。

なるほど。その結果に納得された部分はありましたか?

その通りだなと思いました。だいたい毎日夕方以降にスイッチが入ることが多いんです。仕事に関してはむしろ残業中の方がはかどったりして。

スイッチの入るタイミングが朝より夜ということですね。

そうなんです。なので無理に朝早く起きて集中力を必要とする仕事を行うことをやめました。

朝型なのか夜型なのかがわかれば仕事の効率も工夫できそうですね。

そうですね。今回は仕事の在り方を見直すきっかけにもなったと思います。

そのように見直すことができたことはいいことですね。
他にも何か行動の変化や考え方の変化はありましたか?

今回このような結果がわかって自分への劣等感がなくなったような気がします。

気持ちが楽になったということでしょうか?

はい。今までは「自分には怠け癖がある、もっと頑張らなくちゃ」と思っていたのですが、人それぞれペースやタイミングがあるということを理解できました。

そうですね。一人ひとりのペースがあると思うので、ご自身のペースでこれからも頑張ってください。
ありがとうございました。

あなたの「生まれ持った個性」と「現在の個性」の差とは?

◎遺伝子検査で本来の性格や体質を解析し、60問の質問からなる性格分析で現在のあなたを分析します。
 
あなたの本来の性格と現在の性格の差を知りたくありませんか?
 
傾向として自己表現が苦手と言われている日本人は、社会的評価を気にして精神的・肉体的ストレスを知らぬ間に抱え込むと言われています。
 
自分本来の性格やコミュニケーション特性を知り、今後の人付き合いやライフスタイルの参考にしてみてはいかがでしょうか。