遺伝子検査で分かること、変わること

遺伝子検査が身近になってきている今、私たちは何を知っておき、何をすれば良いのか、色々とご紹介していきます!

[PR]ジェネシスヘルスケア

遺伝子検査とは?

遺伝子検査には、大きく分けて3種類があります。

 

1つは「個体識別のための遺伝子検査」です。

遺伝子の情報をバーコードのような識別番号として利用します。このような検査には、犯罪捜査で用いられている遺伝子検査や、親子鑑定のための遺伝子検査などがあります。

また、ある食品の中に遺伝子組み換え食品が混入していないかどうかを調べたり、有名ブランド米の中に別の品種のお米が混じっていないかどうかを調べたりするのにも利用されています。
個体識別のための遺伝子検査の結果は、ニュースなどでも取り上げられることも多く、みなさまの身近で非常に幅広く活用されています。

 

遺伝子の異常を調べる検査も

2つめは、医療機関などで行う「遺伝子の異常を調べる遺伝子検査」です。

生まれつき持っている遺伝子に何らかの異常がある場合、先天性疾患を発症したり、ある種のがんになりやすくなったりします。

このような遺伝子の異常があるかどうかを調べる検査です。

アンジェリーナ・ジョリーさんが自身の乳がんのリスクを知るために受けた遺伝子検査は、このタイプの遺伝子検査になります。

最後は「遺伝子の個人差を調べる遺伝子検査」です。

遺伝子には病気ではないものの、異なる部位があり、この違いが体質や特徴といった人の個人差を生み出しています。

この遺伝子の個人差を知ることで、将来かかりやすい疾患や生まれ持った体質、祖先などを調べる検査が、「遺伝子の個人差を調べる遺伝子検査」です。

このような遺伝子検査は、自宅でできる遺伝子検査サービスとして民間企業から提供されています。

 

では、これらの中で民間企業が販売している個人向けの遺伝子検査サービスとはどのようなものか? 何がわかるものなのかをもう少し具体的にご紹介していきます。

 

遺伝子検査キットでわかること

例えば、

・何を食べると太りやすいのか?

・将来、どのような病気にかかるリスクがあるのか?

・自分の性格は生まれ持ったものなのか?

このようなことが遺伝子検査でわかります。

よくテレビや雑誌で取り上げられるものとして、肥満タイプを調べる遺伝子検査があります。

これは、ただ単純に太りやすいのか、痩せ型なのかという体質だけではなく、何を食べると太りやすいかなどもあわせて判定してくれます。

そのような自身の遺伝的な傾向を知ることによって、普段の食生活を見直すきっかけになったり、ダイエットのために無理な食事制限や激しい運動をしなくても済むようになったりするかもしれません。

また、どのようなダイエット法が自分の体質に合っているかを判断するきっかけにもなるでしょう。

 

他にも、将来かかり得る疾患の発症リスクや身体の特徴を調べることができます。

将来自分がどのような病気になるのかは多くの方が気になるのではないでしょうか。

病気にかかる要因には、生活習慣による環境要因や遺伝要因がありますが、その要因の1つである遺伝要要因を調べることによって、発症リスクの高い疾患を知り、生活習慣の見直しをするきっかけになります。

 

遺伝子は一生変わる事のないものです。

だからこそ、早めに遺伝子検査を受けて将来起こり得る疾患リスクを減らしたり、体質にあった食生活などを見直したりすることができるのです。

GeneLifeでは、世界最大級の361項目を一度に解析することができる遺伝子検査キットがあります。Webやスマートフォンで手軽に自分の“身体のこと”を知り、すぐに生活習慣を見直すことができます。

 

遺伝子検査を受けることに早いなんてことはありません。受ける“チャンス”を見つけたときが受けるべき時なんです。

今なら、国内販売シェアNo.1の遺伝子検査キットが67%OFF

© 2017 GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved. 運営会社